« 我が家の犬写真館。 | トップページ | おけいこ。 »

2006年5月19日 (金)

杉山文野さん。

こんばんは、宮脇花織です。

Pict1438今朝はMPの現場に向かう車の中でスタンバイを聞いていたのですが、「日本全国8時です」の中で話題に出た杉山文野さんに、夕方、偶然再会しました。以前、歌舞伎町の取材でお世話になった方です。今日はたまたまTBSにいらしていたそうです。

今朝の放送にもありましたが、杉山さんは、ご自身の性同一性障害をはじめとするセクシュアル・マイノリティについての本「ダブルハッピネス」を書いた方です。

2 ←この本です。

「性同一性障害」は今まで知る機会の少なかったこと。でも、年が近いことや共通の友達がいたことなどが重なり、勝手に親近感を沸かせて頂いて一気に読みました。

この本と、杉山さんについて書かれている杉山文野さんご自身のブログはこちらです→http://blog.livedoor.jp/bunbun_810/

2006年5月月19日(金)23時42分更新 | 宮脇花織のブログ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉山文野さん。:

コメント

花織さん、ブログ更新ありがとうございます(^^)。正直いって「性同一性障害」については、いままで身近でなかったこともあり、関心がなかったのですが、花織さんが一気に読まれた本ということで、関心を持ちました。やや動機が不純かもしれませんが、自分が信頼をおいている方が一気に読んだ本なのですから、私にもきっと何かしらを考えさせてくれる一冊だと思います。今日、早速書店に行って購入し、週末に読んでみますね。花織さん、情報ありがとうございます。

けんいち | 2006/05/20 5:51:25

おはようございます。初コメントです☆
ラジオ、いつも....ではないんですが、移動中の車内などで、よく拝聴しております。
とくに「現場にアタック!」コーナーはいつも楽しみにしております。
先日の「ブログ特集」からしばらく経ちますが、「まだ続いてるかな...?」と心配(?)して見に来てみました。
(´▽`) ホッとしております。がんばって更新してくださいね〜。

杉山さんのブログ、早速見に行ってきます!

もんどりあん | 2006/05/20 8:39:29

この問題は、今まで例外は認めないと、どちらかというと軽んじて来られた事ですが、先日話題になった小学生を認めたというニュースのように、
これからは、社会としても「性同一性障害」というものに理解と認識を持って、その症状を持つ方にも安心して、そして胸をはって過ごして行ける環境を作ってあげられるようにしたいものです。

いつの日か、これは障害という認識ではなく、男とか女という縛り無しに、自然に受け入れられる時代になるといいですね。

さくらんぼ | 2006/05/20 10:35:17

取材された方との再会って珍しいでしょうね。

「性同一性障害」問題は難しいですね。
小学生を認めたという一件をきっかけに、良い方向に進展してくれると良いのですが・・。
今後どうなるのか・・見守っていくしか僕達には出来ないのかな・・と歯痒い思いをしています。

ピン助 | 2006/05/20 18:23:02

性同一障害のような、マイノリティの分野は社会的認知も医学的な解析も、なかなか進みが遅いと思います。
今の自分には荷が重過ぎ、自分の事として問題を捉え続けていくのは厳しいかもしれませんが、こういった問題に取り組んでいる方たちの存在を応援していきたいと思います。

ぐらんどばん | 2006/05/22 9:50:49

コメントを書く