« caffe celeste ヴァイオリンソナタ Op.1 ~第13番 ニ長調 第1楽章/ヘンデル 他 | トップページ | caffe bruno ~読書とクラシック~ »

2008年7月23日 (水)

caffe rosso[自由をつかむ~の!]

■■■平日の1330分からはcaffe rosso■■■■

ottava animatoの後は、30分間のmixプログラム【caffe rosso

今日、7月23日から8月8日までは、

[caffe rosso powered by Intel Centrino Processor Technology]

期間中、caffe rossoは「自由」をテーマに選曲。様々な形の「自由」を音楽から感じていただければ、と思っています。

第1週目は、「革命」がサブテーマ。新しい自由を求め社会システムから変えてしまおう!という戦い、革命。rossoで革命的クラシックを30分間、お楽しみください!

初回の一曲目は、あまりにも有名な「革命」というタイトルの曲を選びました。フレデリック・ショパン(1810~1849)作曲、「革命のエチュード」。

この曲の背景を少し、説明させていただきます。

ポーランド生まれのショパンは留学のため、1830年、二十歳の年にウィーンへ向かいます。当時、ポーランドは3カ国に分割支配されていました。ショパンの生まれたワルシャワを支配していたのはロシア。彼がウィーンに到着した数日後、圧政に対して市民が立ち上がる(ワルシャワ蜂起)と、ウィーンでは反ポーランド的な雰囲気が広まり、演奏活動が出来なくなったそうです。翌年、ウィーンを離れたショパンがロシア軍によるワルシャワ陥落=蜂起の失敗を知り、憤りをこめて書いたのが、この「革命」と言われています。

彼が伝えたかった思い。あなたの心には、どのように伝わるでしょうか?

caffeプログラムはpodcastにも対応していますのでダウンロードが可能です。気に入ったミックスを見つけたらottavaHPから〝Time Table〟を開き〝iTunesに登録〟。あなたのプレイリストに加えていただければ幸いです。  

(★ottavaを聴く。★Caffeをダウンロードする。どちらも無料です。)

期間中は、caffe biancoもセントリーノプログラム。こちらもお楽しみに。

________________________

080723 caffe rosso

M112の練習曲 OP.10 ~第12番「革命」 / ショパン

M2: 超絶技巧練習曲 S139/R2b ~「狩り」 / リスト

M3: 交響詩「フィンランディア」OP.26 / シベリウス

M4: 交響曲第3番 OP.55「英雄」 ~第4楽章 / ベートーヴェン

M5: 歌劇「イーゴリ公」 ~だったん人の少女たちの踊り(第2幕) / ボロディン

M6: 歌劇「ナブッコ」 ~ヘブライの捕虜たちの合唱“行け我が思いよ、金色の翼にのって” / ヴェルディ

M7: ピアノ協奏曲 へ調 ~第2楽章 / ガーシュウィン

________________________

買いたい曲を見つけた!というアナタはコチラ。

selected by nakahara

コメント

この記事へのコメントは終了しました。