« caffe verde≪♀≫ | トップページ | caffe bianco ~カラダとココロ、キレイに~ »

2008年3月 1日 (土)

caffe azzurro ~月夜の音流 1

affe azzurro (土・日 18301900

「音の流れを楽しむ」のが音楽。
caffe azzurroでは、「旋律が織り成す音の流れ」を「音流」と呼び、
心にしみ込む「流れ」そのものの美に注目。

OTTAVAのライブラリーから厳選した
極上の音流が体の芯まで心地よく流れ込みます。

今回と次回は「月夜の音流」
すべて「月光」や「月の光」という名前や愛称のついた
曲ばかりでミックスしました。

真っ先に思い浮かぶのは、
やはりベートーヴェンの「月光」と
ドビュッシーの「月の光」。
名実ともに「ムーンライト・ミュージック」の
愛すべき象徴です。
今回は冒頭とラストに入れて、
月夜の世界観の枠付けをしてもらいました。

その他の曲も全て美しいですよ!
つい先日、OTTAVAのリストに加わったばかりの
R・コルサコフの「月の光」。
ロシアの寒い夜を暖めてくれそうな

ハープと弦の優しい流れにウットリ。
続いて、ケテルビーの「月光の中に」。
幸福感に満ちた牧歌的な旋律は、
まるでイギリスの田園風景を照らすようです。
ここでは、中間部分に、
ヒナステラの「パラナの月光」をはさみ
南米の雰囲気も加えてみました。
そして、再び独仏のムーンライトを浴びて
静かに眠りにつきます。

どの曲も、
それぞれの土地柄や気候を想い起こさせる
個性をかもし出しつつ、
ゆっくりと穏やかに流れるので、
ノンストップでミックスすると、心地良くつながり、
地球が自転するがごとく雄大な音流となります。

天災や人災にもがく地球の暗い夜。
「月の光」は、宇宙が、それぞれの大地に、
ほのかな慈愛の灯火を注いでくれているようでもあります。

地球的な規模で味わう「月夜の音流」(オオゲサかな・・・)。
月の光を感じたい時、外国の夜を夢見たい時、
眠りたい時、リラックスしたい時、優しい気持ちになりたい時、
あるいは夜、ワイングラスを片手に・・・。

そっと流されてはいかがでしょうか。

週末の夜はcaffe azzurroON AIRダウンロードも無料!
OTTAVAの世界を凝縮した音流をお届けします。

*曲目はOA後、こちらで確認できます。

コメント

コメントを書く